知らなきゃ損!ASOS公式サイトでさらに安く買う4つの裏技

世界で今最も勢いに乗っているオンラインファッションの通販サイトASOS(エイソス)。
トレンディーな服をお手頃価格から買えるとあって、プチプラ好きにはうれしいASOSですが、さらに出費がおさえられたら最高ですよね。

そこで、今回はASOS公式サイトで買い物をしようとしているあなたに、さらにお得にできる方法を紹介していきます。

1.「国」を変えよ

これは裏技なのですが、サイト上部にある国旗を変えるだけで、なんと最大で20%以上安く買えてしまいます。同じasos.com内にもかかわらず、たったのワンクリックだけで、こんなにも差が出るってどういうことんでしょうかね?例として、フリンジのドレスを調べてみました。国旗を日本にした場合と、スペインにした場合の価格を比較すると、その差は558円!7%もありました。

でも、いちいちそんな手間かけて節約したくないよ!という方には、便利なツールを紹介します。

ASOS Price Checkerを使って販売価格を調べてみよう

ここでは、ASOS Price Checkerを利用して最安値の価格を見つける方法を紹介します。このツールは、ASOSの商品URLを入力するだけで、各国の販売価格を教えてくれるものです。

  • STEP.1
    URLを貼り付ける

    商品のURLを入力し、「Compare the price in other countries」をクリック

  • STEP.2
    一番安い価格の国名を見つける

  • STEP.3
    ASOS公式サイトの国名をクリックする

    商品の価格を一覧で表示されたら、ASOS公式サイトの右上の国旗をクリック

  • STEP.4
    国・通貨を変更する

    一番価格の安かった国を選び、UPDATE PREFERENCESをクリック

  •  

たったのこれだけ。あとはいつも通りに注文すればOKです。簡単でしょ?

注意
言語を変えるとカートが空っぽに

注意したいのは、表示言語を変えると、お買い物かごがリセットされてしまいます。商品の販売価格が3000円以上であれば、1点ずつ購入しましょう。

2.Ebatesを経由せよ

キャッシュバックサイトの楽天Ebatesを経由してお買い物をすると、すべての商品に対し数%の返金が受けられます。まだ登録したことのない人であれば、もれなく入会特典10ドルももらえます。登録がまだの方は、以下いずれかのサイトに今すぐ登録しておこう。

MEMO

Ebatesって何?

Ebatesとは、楽天が展開するアメリカのキャッシュバック付きのアフィリエイトサイトです。Ebatesは集客をする代わりに、ショップから広告費をもらいます。Ebatesの集客によってサイトを経由したお客さんに、お買い物金額の一部が還元されます。

Ebates(イーベイツ)で海外通販がおトクになる!使い方ガイド

3.プロモコードをゲットせよ

ASOSのNewsletterに登録しておくと、セール情報やディスカウントコード、スペシャルオファーが送られてきます。少しでも安く買いたいという方は、フォローしておくといいでしょう。

補足:さらに覚えておきたい3つのこと

1.10%OFFになる学割が使えない!

日本の学生である場合は、現時点で学割は利用できません。日本以外の学生は、こちらのページで申請できます。

クーポンコードの利用方法は、「Remember these details for future use」にチェックし、コードを入力する。

2.ペイパルを使うとちょっともったいない

PayPalとは、オンライン通販サイトでの決済を安全に行えるサービスです。PayPalを利用することで、クレジットカードの情報を通販サイトに知らせる必要が無くなるので、双方にとって情報を盗まれる心配がありません。PayPalが最も有効になるのは、知らないお店や販売者からお買い物をするときです。ASOSではPayPalでも支払うことはできますが、利用者数も多く、危険なサイトというわけではないです。(もちろんどのサイトであれ、流出の危険性ははらんでいますが)

PayPalを利用するには手数料がかかる

クレジットカード会社の手数料と比べると約2%ほど高くついてしまうので、PayPalの必要性はそこまでなさそうです。

ペイパルの手数料

  • アメリカドル3.5%
  • カナダドル3.5%
  • 他すべての通貨4.0%

+確認手数料(200円)

クレジットカード会社の為替手数料

  • VISA1.63%
  • MasterCard1.63%
  • AMEX2.0%
  • JCB1.60%

3.1回の注文金額は16,000円に抑えておく

通常、海外から商品を輸入する場合には、輸入関税と国内消費税がかかります。しかし個人での使用を目的に輸入された商品は、16,666円以下であれば課税しませんというルールがあります。この金額に収まるように商品を購入すれば請求額はASOSで支払う金額のみとなります。

注意
16,666円ルールが使えない?!

ただし、革製品やシューズ、ニット類はこの法則が使えません。また、期間を開けず繰り返し同じサイトから購入をしていると、課税されてしまう場合があるので、ご注意を。

まとめ

いかがでしたか?今回紹介したことを念頭にASOSでお買い物をすれば、もう1点ほしかったアイテムを購入できるかも?!ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください