0~2歳までに読み聞かせたい!英語の絵本ベストセラー20選

今回は、アメリカのAmazonランキングとママたちの評価を参考に、アメリカの家庭で最も愛されているベストセラー絵本20作品を選び抜きました。

乳幼児向けの絵本の特徴は、成長段階に合わせて3つあります。

  1. 単語がほとんどなく、鳴き声や音を楽しむもの
  2. 決まったフレーズを抑揚をつけて読むことでストーリーを展開させていくもの
  3. 繰り返しの表現で、少しずつボキャブラリーを変えていくもの

0歳児と1歳児でもわかりやすい絵本を、おすすめの対象月齢順にストーリーのあらすじとおすすめの読み聞かせポイントと共に紹介いたします。昔の童話から最近話題の絵本まで、一つ一つの作品どれもが素晴らしく、こども世界を大きく広げてくれる内容ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

新生児の目が釘づけ?!Look, Look!

参考価格:(日本未上陸)
ボードブック: 18ページ
対象年齢:0歳(新生児)~ 3歳

動物の鳴き声は?Moo Baa La La La

参考価格:943円
ボードブック: 14ページ
対象年齢:生後3ヶ月頃~ 3歳
牛は「ムー」、羊は「バー」、3頭のブタは… あなたの鳴き声は???
様々な動物たちの鳴き声を、イラストに合わせて面白おかしく発すれば、子どもが魅了されること間違いなし!
動物の名前と鳴き声を使ったシンプルなフレーズで、初めての読み聞かせでもテンポよく楽しく読み進めることができますよ!
最後に子どもがどう「鳴く」のか楽しみ(笑)

赤ちゃんみんな大好き Peek-A Who?

著者:Nina Laden 
参考価格:774円
ボードブック: 10ページ
対象年齢:生後6ヶ月頃~ 3歳
0歳から楽しめる推測ゲーム!
「この模様は何だろう?」「何がのぞいているのかなあ?」とわくわく想像しながら読み進める英語版「いないいないばあ」。
シンプルでテンポの良い「Peek-a」合わせて動物や電車の音を英語で表現。
赤ちゃんの頃から一人で何度も何度も読み返してしまうほど病みつきに子が続出!
ポップでカラフルな可愛いイラストと子どもがついついページめくりたくなってしまう仕掛けがあるのも魅力のようです。少々乱暴に扱っても大丈夫なボードカバーで出来ている点も嬉しいです。

犬の鳴き声ってこんなに沢山! Doggies

著者:Sandra Boynton   
参考価格:733円
ボードブック: 14ページ
対象年齢:生後6ヶ月頃~ 3歳
犬の鳴き声を楽しむ『Doggies』。1匹ずつ犬の種類が増えていくごとに、鳴き声も様々に。読み進めていくうちに、段々と騒がしくなっていき、最後には??
シンプルであるが故に読み手の腕前次第?!
犬になり切って吠えてあげれば、子どもたちはきっと大いに楽しんでくれるはず!
既に数百万部を販売した大人気のベストセラー作品です。いつもとちょっと違った絵本が読みたい、音を楽しみたい、犬が好きというご家庭におすすめの1冊です。

僕もハグしたい HUG

著者:Jez Alborough
参考価格:828円
ボードブック: 32ページ
対象年齢:生後8ヶ月~3歳
チンパンジーの赤ちゃんボボは様々な動物の親子がハグしているのを見ているうちに、「僕もハグしたいな」、「お母さんとハグしたいな」とどんどん切なくなっていき、お母さんを探し出す旅に出ます。「お母さんどこー!」と色々探し回りましたが、とうとう見つからず泣き出してしまいました。とそこへ、お母さんが「ボボー!」と力強く駆け寄ってきて、ボボと最高の抱擁をかわします。その様子を見ていた他の動物たちも大喜び、みんなで「HUG」を喜びます。
この本に登場する言葉は「HUG」のみにもかかわらず、多くのことを読み取れる、とても心温まるストーリーです。

初めての言葉は「ダダ(パパ)」!?Your Baby’s First Word Will Be DADA

参考価格:966円
ボードブック: 34ページ
対象年齢:生後8ヶ月頃~ 3歳
色々な動物のパパたちが「DADA」の言葉を覚えさせようと、様々な口調で子どもたちに言い聞かせます。時には叱るように言ったり、ある時は甘えた声で優しく呼びかけるように。
果たして子どもは初めての言葉を「DADA」と発するのでしょうか?
とてもユニークな作品で、思わずクスクス笑ってしまいました。また、一つの単語がこんなにも多くのニュアンスを伝えられるなんて!とても新鮮です。最初の言葉は「Mama」でなく「Dada」にさせたいという子育て中のパパにおすすめの1冊です。

ハッピーorサッド?Baby Happy Baby Sad

参考価格:764円
ボードブック: 24ページ
対象年齢:生後9ヶ月頃~ 3歳
ベビーがハッピーな時「ママにハグされている時」、悲しい時「ママが僕を一人にする時」。「Baby HAPPY / Baby SAD」のフレーズでイラストのかわいい赤ちゃんが嬉しいことや悲しいことを経験をしていきます。
各シチュエーションで繰り返される「Baby HAPPY / Baby SAD」のフレーズで、赤ちゃんは顔の表情や声の抑揚を参考に、心の世界に気づいていくでしょう。
好き嫌いがはっきりしてきた頃、1歳を過ぎて他の子どもの思いやるなど感情表現が豊かなってきた頃に読み聞かせてあげたい1冊です。読み手の感情をも動かしてくれる、素敵な本です。

初めての「これな~に?」First 100 Words

参考価格:724円
ボードブック: 26ページ
対象年齢:生後10ヶ月 ~ 3 歳
日常生活で赤ちゃんが最初に目にする100のモノを集めた単語ブック。
この本を通して、衣服や食べ物など身近なモノにはすべて名称があることを知ることで、言葉の理解を助けてくれます。
始めはただ眺めているだけだったのが、やがて指をさしながら「んん!(これなに?)」と聞いてきたら、この本の本領が発揮され始めます。
バナナや果物の写真を見ながら食べる真似を始めたり、車の写真を見て「ブーブー」と言ったり。
何度も繰り返し発音しているうちに、1歳半頃から少しずつ単語を言えるようになってくるかも知れません。1歳~3歳まで成長に合わせて、多様な使い方ができる本です。

スポットはどこ行ったのかしら?Where’s Spot?

著者:Eric Hill
参考価格:958円
ボードブック: 30ページ
対象年齢:1〜3歳
お母さん犬がまだ夕飯を食べていない息子のスポットを家中を探し回ります。「Where’s Spot?」箱の中かな?ドアのうしろかな?洋服ダンスの中かな? カーペットの下かな?とスポットがいそうなところをフリップをめくりながら探していきます。
「ここかな?」「NO!ここじゃないよ」というシンプルな繰り返し表現を用いながら、様々な場所で出会う動物たちの名前や物の名前、中・下・後ろといった空間的な概念を学んでいける1冊です。
日本でもベストセラーとなり、洋書売れ筋TOP100にランキングしている大人気の絵本です。

おやすみなさい Good Night, Gorilla

参考価格:966円
ボードブック: 32ページ
対象年齢:1歳 ~ 3 歳
おやすみ、ゴリラ。
そう言って動物園の守衛さんは眠たそうに最後の見回りにゴリラの檻を通り過ぎていく。いたずらっ子で寂しがり屋のゴリラはこっそりと守衛のポケットから鍵を盗みとって、後をつけていく。守衛さんが巡回しながら動物たちへおやすみの声をかけていくそばから、ゴリラは檻のカギを開けて、寂しそうにしていたみんなを連れ出していく。そうとも知らず、クタクタの守衛さんは動物園の戸締りをし、家へ入っていくと、動物たちもその後について、部屋へ忍び込んだいった。部屋の電気が消され、動物たちも静かに床に就こうとすると、奥さんの「おやすみなさい、ダーリン」の一言に、動物たちも「おやすみなさい」と応えてしまう。奥さんはびっくりして起き上がり、みんなは動物園へ連れ戻されてしまう。。最後はゴリラとネズミだけがまた寝室に潜り込み、こっそりと眠りにつく。
本の中に文章はなく、出てくるのは「Good Night」という言葉だけ。とってもかわいらしいストーリーで、就寝前の絵本におすすめの1冊です。

おいちー!orうぇー… Yummy Yucky

参考価格:1,100円
ボードブック: 24ページ
対象年齢:1歳~3歳
スパゲッティーは美味しいけど、ミミズは・・・
赤ちゃんはそれがおいしくないとわかっていても、どんな味だろう? 試してみたくなるものです。この本では、子どもがついつい口に入れたくなるものや大人がぎょっとするものを、似た発音の単語で並べて、おいしいもの、おいしくないものと紹介しています。
大人の感情が「Yummy」と「Yucky」に込められることによって、聞き手である赤ちゃんは食べられるもの、食べられないものを学んでいきます。

初めての動物図鑑 First 100 Animals

参考価格:717円
ボードブック: 26ページ
対象年齢:1 – 3 歳
First 100 Wordsのシリーズ本。写真で覚える初めての動物100単語です。1歳を過ぎて動物園や水族館を楽しめるようになってきたら、初めての図鑑としてこちらの本を活用することをおすすめします。
動物は、身近なペットから家畜、サバンナの動物、北極動物など、絵本の中に登場したり動物園で見たことのある親しみのある動物を中心に掲載されています。生き物に興味を持ったり、ボキャブラリーを増やすのにおすすめの1冊です。

ママ大好き I Like It When . . .

参考価格:821円
ボードブック: 22ページ
対象年齢:1歳頃~
「I like it when〜」のフレーズでママがしてくれる好きなことを、子ペンギンが一つずつ教えてくれます。
最後には「I love you.」ととても優しい気持ちにさせてくれる、心温まるストーリーです。本に合わせてジェスチャーをしたり、 ママとベビーとのスキンシップをとりながら読んであげるのがおすすめです。おやすみ前の読み聞かせ本として広く読まれている1冊です。

思わず歌い出してしまう The Wheels on the Bus

著者:Annie Kubler
参考価格:725円
ボードブック: 13ページ
対象年齢:1歳2ヶ月~
誰もが一度は聞いたことがある子どもの歌「The Wheels on the Bus」を元にしたベストセラーの書籍。1991年のリリース以来、多くの人々に歌い継がれてきた定番の作品です。
車輪が回ると、ドアが開閉し、拭き取るワイパーが鳴り響き、ママやパパの話し声や赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきます。楽しくにぎやかな乗客を乗せてバスはどこへ行くのでしょうか?
楽曲を元にしたリズミカルな文体なので、「読み聞かせる」よりも「歌い聞かせる」
のにピッタリな1冊です。
イラストがまたかわいく、子どもの興味を引くしかけ付きです。

おへそどこどこ? Where Is Baby’s Belly Button?

シンプルな質問フレーズを繰り返すことで、位置の表現を覚えたり、体の部位の名称を知るのに役立ちます。
かわいいイラストで、赤ちゃんもママやパパも最後まで一緒に楽しめる絵本です。

どんなペットが届くかな?Dear Zoo: A Lift-the-Flap Book

著者:Rod Campbel
参考価格:834円
ボードブック: 18ページ
対象年齢:1歳4ヶ月~
「ペットにする動物を送って下さい」と動物園へ手紙を出したところ、動物園から何やら次から次へと大きな箱が送られてきました。ところが箱を開けてみると、動物たちは大きすぎたり獰猛すぎたり。果たして最後はお目当てのペットに出会えるのか??
世界中で200万部以上を売り上げているDear Zoo。日本国内でも洋書ベストセラー1位になるほど、世界中のママと子どもに親しまれています。シンプルな内容に繰り返しのフレーズでテンポが良く、初めての英語の絵本として理想的!
中の動物は何かな?と想像しながら箱をめくってしかけを開けられるので、乳幼児の好奇心を刺激しながら楽しく読み進める1冊です。

これできる?From Head to Toe

参考価格:933円
ボードブック: 32ページ
対象年齢:1歳10か月~
「僕はペンギン。首を回せるんだ。君はできる?」「できるよ!」と人間の子どもが動物の動きを真似してみせます。そうやって、キリンと一緒に首を曲げたり、アシカと一緒に手をたたいたりして頭からつま先まで真似して動かしていきます。
お決まりの「I can do it!」というフレーズはとてもポジティブで、子どもが良く使う言葉です。
絵本の中の少年と同じように、子どもと一緒に一つずつの動きを真似していくことで、「やればできる」という自信を子どもに着けさせてくれます。
身体の部位や動作の表現を遊びながら言葉を学べる、おすすめのベストセラー作品です。

それが僕の個性 A Color of His Own

参考価格:

ボードブック: ページ
対象年齢:1歳11か月~
ゾウは灰色、ブタはピンクというように、生き物にはそれぞれ独自の色がある、カメレオンを除いては。。。

カメレオンの色は場所によって変わる。レモンの上では黄色になり、虎の上では虎模様になる。葉っぱの上にいればずっと緑色でいられると思ったけれど、葉っぱが枯れてくるなり黄色、そして赤色へとカメレオンも変わっていった。どうして僕は自分の色を持つことができないのだろうかと思い悩んでいることを別のカメレオンに打ち明けた。彼はそのカメレオンと一緒に過ごすうちに、色の変化こそがカメレオンの独自の個性なのだと気づいていく。。

とてもかわいいイラストで色や模様の表現を覚えるのにおすすめです。平易な文章ながら奥の深い感動を誘う、素晴らしい作品です。

まとめ

以上、定番ものから、最近話題の絵本まで、アメリカで人気の乳幼児向け絵本18冊をご紹介しました。読み聞かせは、読む人が楽しい、感動した、何となく好きと思って読んであげるのがとても大切です。その思いはきっと子どもにも伝わり、やがて親子の思い出の1冊となるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください