【8月31日まで】モッピー経由でPayPalに入会すると400Pもらえる! >>詳しく見てみる

誰でもできる!海外から「お得&簡単」に子ども服を個人輸入する方法

子どもが生まれてすぐに出会った個人輸入。その時はじめて利用したサイトは、イギリスのネクストでした。あまりにも簡単に個人輸入ができてしまったことに衝撃を覚え、それから4年、これまでに世界中の様々な通販サイトを利用してきました。現在は日本の通販サイトと海外の通販サイトをうまく使い分けながら楽しんで利用しています。

今回は、個人輸入に初めて取り組んでみようと考えているママに向けて、海外通販の楽しさや簡単に始められる方法を紹介していきます。

海外から子ども服を個人輸入しようか悩んでいるママさんへ

海外子供服の個人輸入の魅力はここにある

1.海外は育児用品が安い!現地価格で買えば大きく節約できます

「インポート品は日本で買うと高い」というのはご存知ですよね?もちろん全ブランドに当てはまる訳ではありませんが、全世界で価格を統一しているブランドの方が稀です。ですから、海外から直接取り寄せた方が日本で買うよりも安く入手できるのは当然のことです。海外旅行の際に現地でお買い物をするのも楽しいですが、海外のネット通販から届くのもまた楽しみ。さらに、世界中の有名ショップやディスカウントサイトから購入できるのでお買い得。個人輸入を赤ちゃんの時期から始めれた節約期間は十数年分!お金を生活費や資産運用、教育などに回して家族みんながハッピーに☆

2.英語が苦手なママに朗報!すべて日本語だけで個人輸入できます

個人輸入は語学が苦手な方には敷居が高く感じますよね?でも、実際は日本の通販サイトと全く同じように、オール日本語で利用できる海外サイトがあるんです。お問い合わせ対応も日本人という海外ショップもあり、日本人向けにローカライズされた海外サイトはジャンルを問わず増えてきています。もはや語学の壁を感じることなく、海外からお買い物できる時代になりつつあります。

3.これ着せてあげたい!と心から思える子ども服に出会えます

個人輸入する理由はもちろん安さだけではありません。海外に目を広げると、本当に着せてあげたいと思える、ハイセンスでかわいい子ども服と出会えます。世界のニッチなハンドメイドブランドから、格安でかわいいブランド、人や環境にやさしいエシカルブランドまで、世界中で探せばどんなものでも見つかります。日本上陸ブランドでも、海外限定のキッズラインや完売してしまったアイテムなど、種類も圧倒的に豊富。どんなママの好みにもぴったり合う子ども服に出会えるのもまた海外通販の魅力です。

先輩ママたちが個人輸入している海外子ども服ブランドはこれ!

1.プチバトー(フランス)

2.ラルフローレン(アメリカ)

3.ボンポワン(フランス)

4.ボーデン(イギリス)

5.ネクスト(イギリス)

6.カーターズ(アメリカ)

どうやって個人輸入するの?はじめての個人輸入する前に知っておきたい基本

1.まずは日本人向けの海外サイトを利用しよう

個人輸入の手順・流れ(やり方がわからない)なら、まずは日本人向けの海外サイトを利用しよう。日本人向けということは日本在住者向けに作られているので、日本語で注文ができたり、日本語での情報収集が簡単にできます。

2.個人輸入を賢く使い倒すための黄金ルール

「16,666円」の法則

 

この金額に収まるように注文すれば関税も税金もかからずに取り寄せられる、個人輸入の黄金ルールです。

少しでもこの金額を超えてしまうと、輸入時に関税&消費税が請求されます。多少の誤差が生じるため、「1万5千円」を目安に注文すると安心です。

※ただし、革製品(レザージャケットなど)、ニット(セーターなど編み物)、靴は金額に関係なく課税されますので、ご注意ください。

16,666円の金額を越えてしまう場合があります。それぞれの通販サイトにより税金の支払い方法は異なります。

  1. 税金込みの価格で販売している場合(前払い)
  2. 注文時に税金が加算されて支払う場合(前払い)
  3. 商品到着時・受け取りの際に税金を支払う場合(後払い)

3.国際送料が高い・特定ブランドが買えない場合の取り寄せる

もしも利用したい通販サイトが日本へ直送していないとなった場合は、転送サービスを利用して取り寄せます。転送サービスとは、現地の住所を利用して、一度荷物を現地で引き取ってもらい、その荷物を指定の海外住所へ発送してくれるサービスです。また、日本へ送ってくれるサイトであっても、複数の通販サイトから取り寄せる予定なら、転送会社が提供する荷物のおまとめサービスを利用したほうが国際送料をぐっと安く抑えられる場合があります。

個人輸入のポイントを押さえたところで、おすすめのサイトを見ていきましょう。

ここからスタート!はじめての子ども服個人輸入におすすめの海外通販サイト

はじめての海外通販でおすすめのサイトは、すでに多くの日本人が利用しているサイトです。多くの日本人を顧客に抱えている通販サイトは、日本語表示であったり、カスタマ―サポートも日本語で対応してくれます。さらに、今回紹介するサイトは税金の心配も不要です。

farfetch(ファーフェッチ)

日本語関税込み返品無料

世界最大級のブランドファッションモール「ファーフェッチ」。有名ブランドが主体。ただし、中間価格帯のものもあり、セールが行われているので、お手頃の価格帯から購入できる。一流のハイブランド、  スポーツブランド、アウトドアブランド。返品は無料。

>子ども服のブランド一覧はこちら

国際送料 配達日数 関税等
28,000円以上で送料1,500円(海外発送)/690円(国内発送)   商品価格に含む

YOOX(ユークス)

日本語関税消費税込み送料無料

こちらも世界最大規模の通販企業グループのファッションモール「ユークス」。ハイブランド、ミドルブランド、スポーツブランド、アウトドアブランドなど、取扱いブランド数は最多なので、様々なニーズに応えてくれます。シーズンオフのものが半額以下で買えるので、。イタリアから。返品の送料一律800円。

 

>子ども服のブランド一覧はこちら

国際送料 配達日数 関税等
3万円以上で送料無料 最短4営業日 商品価格に含む

kidsINN(キッズイン)

世界最大級の子ども専用のスポーツ用品通販サイト。スポーツ・アウトドアブランドの子供服からプチプラブランドの子ども服までを販売。ディスカウントサイトなので、販売価格・送料ともにとにかく安い。スポーツブランド・アウトドアブランド狙いのママ人は要チェック。

国際送料 配達日数 関税等
注文に応じて異なる 3週間前後 後払い

MELIJOE(メリジョー)

日本語関税等前払い

ママブロガーの利用率が高いフランスの子ども服専門セレクトショップ。人気のプチバトー、タルティーヌエショコラ、ボンポワン、ジャカディなど、フランスやヨーロッパで人気の中価格帯から高価格帯ブランドを扱う。サイト表記は英語ですが、お問い合わせは日本語で利用できます。時々配送料無料キャンペーンも行っています。

国際送料 配達日数 関税等
一律2,500円 3営業日 注文時に加算

 

もっと海外サイトを見てみたいという方は、以下の一覧を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA