並行輸入品はニセモノ?正規品とどう違うのか

Amazonやなどのオンラインショップで海外ブランドの商品を探していると、「並行輸入」という言葉をよく目にしまよね。

車から腕時計、バッグなどいわゆる高級品から低価格な化粧品など、あらゆる海外メーカーの商品が並行輸入品として販売されています。

しかし、中には「ニセモノ」と疑われるなど、謎の多い並行輸入品。いったいどのようなものなのでしょうか?

今回は分かりそうで分からなかった並行輸入品について解説していきます。

並行輸入品とは?正規品と何が違うのか

並行輸入品(誤記「平行輸入品」)は、日本の正規輸入代理店を通さず、海外の正規代理店または正規販売店を通して日本へ輸入し、販売される商品です。

Amazonの回答では、並行輸入品をこのように定義しています。

並行輸入品とは、メーカーが認める正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品です。

引用:Amazon.co.jp ヘルプ: 並行輸入品について – アマゾン

ポイントは、「正規輸入代理店以外を通じて」です。

「正規輸入代理店」ルートで輸入された商品(正規輸入品)とは別に、「正規輸入代理店以外」のルートで輸入された商品を並行輸入品といいます。

MEMO
正規輸入代理店以外とは?

メーカーと直接締結した輸入業者を正規輸入代理店と言います。メーカーは他国で自社商品を販売する際に、通常は現地の事情に詳しい、現地の輸入業者や輸入販売業者と契約を交わし、メーカーの代わりに商品を輸入し、販売してもらいます。正規輸入代理店以外のルートとは、(日本への)輸入販売代行の締結をしていない販売者からのルートという意味です。つまり、日本以外にある輸入業者や販売店のことを指します。

正規輸入ルートと並行輸入輸入ルートの違い

並行輸入品も正規輸入品も、どちらも海外メーカーの商品商品を販売していますが、輸入のルートが異なります。

平行輸入と正規輸入の違い

正規輸入品は、国内の輸入代理店を通して販売される商品です。

一方で、並行輸入品は、海外の代理店経由で販売されている商品を輸入して販売される商品です。

並行輸入に違法性は無いのか

並行輸入自体に違法性はありません。

販売が許可されているルートは、日本の正規代理店を通したものだけではありません。中古品のルートも同様に、正規ルート以外だからという理由で、販売することがすなわち「違法」とはなりません。

商品が流通する3ルートの例

  1. 正規輸入ルート:海外メーカーと契約している国内輸入代理店を経由して輸入するルート
  2. 並行輸入ルート:海外メーカーと契約している海外の直営店や正規代理店を経由して輸入するルート
  3. 中古ルート:国内外のユーザーから仕入れるルート
MEMO
あなたが海外で商品を購入し、結局使わずメルカリで出品した場合は並行輸入品となります。

並行輸入品が魅力な理由

1.正規輸入品を買うよりも圧倒的に安く買える

Amazonで並行輸入品が大量に販売されていることからもわかるように、高級品であれ低価格品であれ、現地の仕入れられた並行輸入品は正規輸入品と比べても圧倒的にお得です。

ISETANの価格

ISETANの価格

AmazonJapanの価格

AmazonJapanの価格

米国公式サイトの価格

米国公式サイトの価格

2.日本未上陸ブランドや未発売の商品が入手できる

海外限定の商品や日本に代理店がない海外ブランドの商品などが入手できるのが魅力です。

ただし、この場合国内に定価が存在しないため、信じられないほど高額で販売されている場合もあります。

並行輸入品を購入する前に確認したい3つのこと

1.正規品と並行品との仕様の違い

見た目の違い

日本の販売店が日本向けに、パッケージや色などの仕様を変えている場合があります。その為、想像していたものと少し異なっている場合があるかもしれません。

品質の違い

正規輸入品は、良い意味でも悪い意味でも品質のチェックが徹底されています。

色ムラや縫い目のずれ、小さな傷、外箱の変形など、海外では問題なく流通できる品質でも、日本国内ではB級品として扱われます。並行輸入品は、海外の基準にのっとった商品となる可能性があります。

2.出品者は信頼できるかどうか

並行輸入品であれ正規輸入品であれ、偽物を売りつける詐欺業者が紛れ込んでいる場合があります。

人気の有名ブランドは特に気をつけましょう。

偽物をつかまないためにすべきこと

  • 販売業者を確認する:Amazonやメルカリ、ヤフオクなど誰もが出品できるマーケットプレイスでは要注意です。
  • 保証書が付くのか確認する:正規商品なら保証書やシリアルナンバーが必ずついてきます。
  • 正規販売店で商品を購入する:国内であれ海外であれ、直接公式サイトから購入すれば、まず問題ありません。

3.商品保証の有無(家電、精密機械)

並行輸入品を購入する場合は、海外の保証か国際保証のどちらかが付きます。ただし、保証期間は並行輸入業者が商品を買い付けた日が開始日となります。

もしも並行輸入品に保証書がついていない場合は、業者へ問い合わせましょう。

また、商品によってはメーカーの保証が受けられない場合があるかもしれませんが、初期不良の商品は、交換を受け付けてくれるところがほとんどです。

カメラの保証に関して場合

参考 円高を利用し交換レンズを購入せよ!ASCIIデジタル

海外限定モデルの場合

海外モデルの家電や精密機器の場合は、国内に部品がないために、メーカーから修理を断られる場合があります。

その際は、自分で部品を取り寄せて、修理業者に依頼する必要があります。

仮に国際保証が付かなくても、有償で修理しても日本で購入するより安く買えるのであれば、いいかもしれません。

国内の正規輸入店が修理を受け付けない場合

通常の正規輸入販売者は、並行輸入品も初期不良品の交換や有料で修理やサポートを受け付けてくれますが、中には、並行輸入品の修理やサポートを受け付けない業者がいます。

中古品販売者や並行輸入会社が修理等を行うことが困難な場合に,自社で販売したものではないことのみを理由として修理等を拒否することは,独占禁止法上問題となるおそれがある。

引用:並行輸入品の修理受託の拒否ー公正取引委員会

万が一そのような輸入代理店が販売している場合は、以下の4つの方法を検討して下さい。

  1. 販売者へ問い合わせして確認する:販売業者を経由して本国で修理に出してくれる可能性がある。
  2. 有償で国内の修理屋へ問い合わせる
  3. 直接購入した本国へ修理してもらう:(小型で高価なものならいいですが、そうでない場合、国際送料が大きくのしかかってきます)
  4. 部品を自分で取り寄せることになる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください