海外から「香水」を個人輸入する前に知っておくべき6つのこと

海外から香水を輸入したいのに、日本へ発送していない。
あるいは、転送経由で輸入しようと思ったけれど業者に問い合わせたら取扱いできないと回答されてしまった。

そう、近年香水が危険物と扱われるようになってから、香水の輸送が厳しく制限されています。
これまで世界各国へ発送を行っていた香水販売店や輸入代理店が、国外への発送を廃止しています。

では、どうすれば輸入できるのか?輸入する方法はないのか?と調べた結果、解決する方法を見つけました。

1. 香水は個人輸入できる

「香水は個人輸入できない」、そう思われてしまっている理由は、香水を販売している通販サイトが発送を行っていなかったり、利用しようとした輸入代行業者に発送を断られるケースがあるからです。

香水は引火性液体として危険物に該当するため、近年特に輸送が厳しく制限されてきています。これは海外輸送に限ったことではなく、国内輸送についても同様です。しかし、だからと言って香水を輸入・輸送できないわけではありません。

危険物の輸送が可能な運送業者を利用すれば、香水は輸入できるのです。

2.香水を輸入代行できる業者は限られている

危険物の輸送にはリスクが伴うため、取り扱いが可能な運送業者は限られています。現状では陸空ともに郵便・ヤマト・佐川での輸送は禁止されています。

また、荷物の梱包や発送作業を行う転送業者(輸入代行業者)においても、正確な知識と作業が必要となるため、危険物を取り扱える業者が限られています。

この2つの条件をクリアした転送業者からのみ、香水を輸入することが可能になるのです。

アメリカから香水を発送してくれる転送業者

Shipito

州税0%の倉庫を持つアメリカ最大級の転送業者。

  • 危険物の取扱手数料:FedExで$39、DHLで$95
  • 制限数量:香水またはコロンのボトル5本まで (3kg または 1L)

OPAS

「OPASにできないことはない」と思うくらい、個人輸入の困ったを解決してくれる転送業者。

  • 要問合せ(日本語可)

 

Planet Express

元ShipitoのCEOにより2017年に設立された新星業者。州税が9.25%かかってしまうのが難点。

  • 要問合せ(日本語可)

イギリスから香水を発送してくれる転送業者

forward2me

2019年よりVAT0%の倉庫が一般公開されたイギリス最大級の転送業者。ヨーロッパ各国から商品の受け取りが可能。

  • 要問合せ(英語)
注意
各社一度に取り扱える数量や取扱い手数料が異なります。香水を購入する前に、必ず各業者の最新の料金プラン・輸送規定を確認してください。

3.海外サイトで香水が激安で販売されている

今回海外から香水を輸入しようとしている方はご存知かもしれませんが、海外では激安で買えるディスカウント通販サイトがあります。転送経由で取り寄せる必要がありますが、まとめ買いを予定している方は要チェックです。

fragranceNet

月間400万の訪問者数を誇る、業界きっての大人気サイト。メルマガ登録でディスカウント価格からさらに全品30%OFFをするなど、ありえないくらい激安で購入できる。

FragranceX

fragranceNetに次ぐ、アメリカで最も利用者数の多い香水専門ディスカウントサイト。メルマガ登録で15%OFF。

 

Perfumania

アメリカ各地に実店舗を構える香水専門ショップ。派手な安売りはやっていないけれど、定番のアイテムをお手頃価格で購入できる。

新作やミニサイズの香水を試すならココ

Sephora

海外旅行に行く女性に有名な世界最大のコスメショップ。どこよりも信頼がおける。女性用・男性用あわせて1000種類以上を取り扱っている。セフォラの一番の魅力は、日本未発売の新作の香水が入手できること。そして、お試しセット(テスター)、ミニボトル、がの種類が豊富。セフォラでしか見つからない商品もたくさんあるので、ぜひチェック。

fragrancedirect

イギリス最大級の香水専門通販サイト。

notino.co.uk

定番の香水からニッチ系まで幅広いアイテムを扱うイギリスの通販サイト。

4. 香水を日本へ直送してくれる通販サイトもある

簡単に日本に取り寄せたいという方におすすめなのが、日本直送が可能な通販サイトを利用する方法です。わざわざ転送サービスを利用しなくとも、1本から送料無料からお届けしてくれるので、とってもお得です。

ストロベリーネット

香水関連商品を3000アイテム揃える、世界最大の香港系ディスカウント通販サイト。香水以外にもメイクアップ化粧品やスキンケア用品などが充実。日本語で利用可能。

初回注文5%OFF、送料無料(フレグランス以外の商品と同時注文で、フレグランスのみの注文は最大¥1,148の手数料)

アイビューティーストア

日本の会社が運営する有名ブランドの化粧品通販サイト。約2,000点もの香水を取り扱う。

コスメランド

日本の会社が運営するコスメ専門の並行輸入ショップ。香港から発送。

コスメデネット

日本の会社が運営するコスメ専門の並行輸入ショップ。香港から発送。

Escentual

約2500種を扱うイギリスのコスメ専門サイト。総重量が2㎏以内の場合、一律7.95ポンド(10.86ドル)で日本へ届けてくれる。

Beauty Encounter

アメリカの香水専門通販サイト。

5.「香水」に関税はかからない

香水、オーデコロンの関税率は0%、無税となるため、いくら購入しても関税はかかりません。

ただし、総額が16,666円以上の場合には、消費税が課せられます。

参考 主な商品の関税率の目安(カスタムスアンサー)税関公式サイト

6.一度に輸入できる数量はバラバラ

個人使用を目的に化粧品を輸入できる数量は「1品目24個以内」と定められています。

しかし、利用予定のある通販サイトや転送業者ではそれぞれ規定が異なる場合があります。まとめ買いをされる方は、ご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA