【Ebates】20周年キャンペーン!400店舗以上で15%キャッシュバック >>

2019年!アメリカ転送サービス注目の8社を比較してみた

アメリカの通販サイトから購入したいのに、海外へ発送していなかったり、国際送料があまりにも高く設定されていた、なんてことありませんか?

その理由は、海外販売に力を入れていなかったり、ブランドの販売ポリシーだったりとそれぞれです。

それを回避して、海外から商品を取り寄せる手段が「転送サービス」です。

転送サービスとは、簡単に説明すると「アメリカの転送用住所を取得⇒通販サイト(販売店)で注文⇒転送倉庫へ届く⇒発送依頼をする⇒海外の住所へ届く」の流れで取り寄せる個人輸入代行サービスです。

しかし、アメリカの転送サービスは、他国よりも高い確率でトラブルに巻き込まれやすいのが現状です。

よくあるトラブルは、以下の3つです。

  • 費用を水増しして請求された
  • 倉庫に届いたはずの荷物が紛失した
  • 顧客対応が悪すぎ、腹立たしかった

トラブルや不快な感情になることをできるだけ少なくするためにも、総合的に判断したうえで、自分の要望にぴったりの業者を選んでいきましょう。

転送サービスって何?

転送サービスとは、あなたの代わりに業者がアメリカ国内で荷物を受け取り、日本へ発送(転送)してくれるサービスのことです。

業者のサイトに登録をすると、あなた専用のアメリカの住所(番号のついたスペース)が発行されます。

転送サービス利用の流れ

STEP.1
アメリカの転送住所を取得する
会員登録をすると、自分専用のアメリカの住所が発行されます。
STEP.2
通販サイトでお買い物する
注文する際に、STEP1で発行された住所をお届け先に指定し、注文します。
STEP.3
管理画面で発送依頼する
荷物が倉庫に届くと連絡が入ります。管理画面で必要事項を記入し、送料等を支払うと依頼完了です。
STEP.4
商品の到着を待つ
倉庫から荷物が発送されます。日本へ到着すると自動的に通関の手続きがされます。関税がかかる場合は、配達時に宅配業者へ料金を支払い、荷物を受け取ります。

比較する転送サービス8社

  1. Planet Express:元ShipitoのCEO率いるプラネットエクスプレス。2017年設立、誠実な対応と価格の安さで、今最も注目されている。
  2. Shipito:2008年設立、アメリカで最大級の利用者数を誇る。アメリカ国内外4か所の住所を使い分けられる。
  3. MyUS:アメリカ転送業者の代名詞マイユーエス。1997年設立で、日本国内ではせどらーに有名。
  4. OPAS:細やかなサービスが得意のオーパス。転送住所宛て不可の通販サイトからも購入ができるのはココだけです。(日本語可)
  5. Gooping:日本国内でもっとも名の知れた業者のひとつ「グッピング」。根強い人気があります。
  6. Buyandship:香港発の転送業者。アメリカから香港を経由して日本へ届く。時間はかかるが料金体系がシンプルでわかりやすい。
  7. USA2ME:月額費用を全額送料に充当できる業界最安値のサービス。
  8. USGoBuy:使えば使うほど国際送料が安くなる。州税0%なので、個人輸入目的にも。

コストを比較してみた

転送経由で個人輸入する際にかかる全費用

今回は、このうちの利用する業者によって異なる「米国州税」と「転送費用」を比較します。

国際送料(手数料込み)

MEMO
当サイトでは、3辺が等しい長さの正方形で計算しています。実際の料金と異なる可能性があります。ご利用前に必ずご自身でお確かめ下さい。

特徴から選ぶ、あなたにおすすめの転送サービス

少額・小型・はじめての転送なら!Planet Express

業界最安値!はじめての個人輸入にピッタリのサービス

日本語州税9.5%
アメリカNo.2のShipitoの元COOが2017年5月に設立した最も新しい転送業者のプラネットエクスプレス。送料が業界でもっとも安いのにもかかわらず、カスタマーサービスは最高評価。こちらの問い合わせに対して誠実に気持ちよく対応してくれるため、安心して利用できます。日本からの利用者が多く、日本語での問い合わせもできるので、個人輸入がはじめての方におすすめです。

Planet Expressの評価
サービス
(4.0)
国際送料
(5.0)
総合評価
(5.0)
お試しキャンペーン
  • プロモーションコード:get5 (5ドルのクレジット)
  • プロモーションコード:JAPAN (合併プラン1カ月お試し)

※キャンペーン終了後は、自動的にフリープランに切り替わります。

小型~大型までオールマイティ!Shipito

高額商品・かさばるものを安く送れる

英語州税0%危険物

アメリカ最大級の利用者数を誇る転送業者。月額10ドルまたは年額50ドルで州税0%の倉庫が使えるので、小中サイズで高額商品(200ドル以上)を購入する方はより安く日本へ送ることが可能です。アルコール飲料や香水などは手数料39ドルで送ってくれます。サイトのデザインがよく、日本語表記で使いやすいのも魅力です。

Shipitoの評価
サービス
(4.5)
国際送料
(4.0)
総合評価
(4.0)

複数取り寄せるならつめ放題が◎グッピング

無料で荷物のおまとめが可能!

日本語州税7.25%危険物

通常おまとめサービスは有料プラン限定が一般的ですが、グッピングは無料プランで詰め放題が可能。バッテリーやマニキュアなど一部の危険物は業界で最も安く発送できます。

グッピングの評価
サービス
(4.5)
国際送料
(3.5)
総合評価
(3.5)

個人輸入の困ったをすべて解決!OPAS

発送を拒否サイトからも買える!

日本語対応州税0%お買い物代行危険物特別住所
OPASの魅力は、独自のきめ細かなサービスが日本語で受けられる点です。送料は高めですが、危険物や規制品の発送など、他社では発送不可の商品も取り扱い可能。さらに、「特別住所」サービス(1箱15ドル)を利用すれば、転送業者への発送を拒否している通販サイトからも購入できるようになります。

OPAS乗り換えキャンペーン
3か月以内に他社サービスを利用した方で、OPASへ乗り換えるとOPASで使える総額$100分のクレジットがもらえます。
OPASの評価
サービス
(4.5)
国際送料
(2.0)
総合評価
(3.5)

超プチプラで転送できる!USA2ME

1か月以内に複数回利用するならココ

英語州税8.25%

アカウント開設に15ドルなど、ベースに費用が掛かってしまうものの、有料会員になれば送料が超格安で利用できます。しかも有料会員の月額費用はまるまる送料に充当できるので、実質無料。損しない仕組みなので、1か月に複数回転送を利用する予定ならココで決まり。

 

実績次第で業界最安値も!USGoBuy

アメリカせどらー必見!

英語州税0%

アメリカのオレゴン州と中国に転送倉庫を持つ。月額料金なしで、利用頻度に応じて、使えば使うほどランクが上がっていき、最大20%国際送料が安くなっていく仕組み。一般の個人輸入にもOKですが、1,000ドル以上を転送費用にかけている場合は、要チェックです。

状況に応じて使い分けるのがおすすめ

今回は『2018年最新!アメリカ転送サービス8社を比較してみた』をお届けしました。

  • 少額・小型を最安値で送る → Planet Express
  • 高額・中型~大型を最安値で送る → Shipito
  • 様々なサイトから購入するなら → Goopping
  • 他社にない特別サービスを探してる→OPAS
  • 実質無料の有料会員で格安転送をする→USA2ME
  • せどらーにおすすめの格安転送サービス→USGoBuy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA